ホーム > 情報セキュリティポリシー

情報セキュリティポリシー

Information Security Policy

経営理念

情報革命で人々を幸せに
ロジスティクスサポートを通じて

 

情報セキュリティ基本方針

当社は、常にお客様にフォーカスし、お客様のニーズを的確に捉え、満足して頂ける物流サービスを提供し、常にこれを向上し続けることをお約束しております。このプロセスにおいて取扱うお客様の情報は、極めて重要な情報であります。よって、当社は、情報漏洩がもたらすお客様への影響を深く認識し、全ての業務において適切な安全管理と継続的な改善を行い、お客様の信頼とご満足を獲得できるよう努めて参ります。

行動指針

  1. 適用範囲

    本基本方針は当社が事業活動の中で取扱う「情報資産」を対象とします。情報資産とは、当社が業務上保有する情報及び情報システム、ネットワーク、設備とし、有形、無形に関わらず、当社が必要と判断する全てのものを対象とします。

  2. 法令、規制の遵守

    個人情報保護法及びISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)ならびに守秘義務契約など、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守します。

  3. 「情報セキュリティ管理責任者」の配置

    「情報セキュリティ管理責任者(CISO)」を配置するとともに、情報セキュリティ委員会を組織します。これにより全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。

  4. 情報セキュリティ管理体制の構築

    当社は、経営陣を中心として情報セキュリティマネジメントシステムの体制を整え、情報セキュリティの維持、向上の取組みを行います。

  5. 情報資産の保護

    当社は、保有する全ての情報資産を機密性、完全性、可用性の視点から重要性を認識するとともにリスクを分析・評価し、その結果を考慮して効果的な管理目的及び管理策を選定し、情報セキュリティ体制のもと適切な情報資産の保護に努めます。

  6. 情報セキュリティに関する内部規程の整備

    情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の取扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏えい等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知します。

  7. セキュリティ教育・訓練及び意識の向上

    当社は、全ての従業者に対し、情報セキュリティ教育・訓練を定期的に実施し、当社の情報資産に関わる全員が、情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。

  8. 業務委託先の管理体制強化

    業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。

  9. 事業継続管理

    自然災害、事故、機器の故障や不正アクセス行為による、業務の中断・停止を最小限に抑えるための適切な予防及び事業継続計画を整備します。

  10. 改善及び見直し

    経営方針の変更、事業内容の変更、社会的変化、技術的変化、法令等の変更などに伴い、情報セキュリティに関する管理体制及び取り組みについて定期的な監査、点検を実施し、継続的に改善及び見直しを行います。

平成18年9月1日
最終改定:平成25年7月1日
SBフレームワークス株式会社
代表取締役社長 中本 浩